シャイボイ(社員のボイス)#3

■English

My sincere salutation to anyone reading this.
The 3rd ”SHAIVOI” (member’s blog, “shain-no-voice”) is handled by THAO in charge of Global-Alliance.
To continue the storyline of our members, my pleasure to share my little story of as well as my career awareness and future vision.

As shortly experienced in a US Game company in Vietnam, I was totally seduced by IT possibilities to extend enormously in so many directions and change the world into a better place.Hence, I stayed in Global Alliance – PR position at TRIDENT-ARTS to enhance knowledges of the Industry, learn from others and assist, support members to efficiently work cross borders, enable cross collaborations, deliver our voice globally, especially with our brainchild product “RIGHTS”( https://rights-dapp.io/ ).

※”RIGHTS”:Innovative and new idea’s DApps(Decentralized Applications)service of direct&Interactive-marketing using cutting-edge technologies such as blockchain.
Anytime, anyone, anywhere, easily can do their self-branding and start an unique and business directly to their fans on RIGHTS.

As well as we recently exhibited in several events namely Singapore Fintech Festival, UCIM (United Conference of Internet Money) and BlockShow 2018.

As having some chances of networking with Singapore-based companies, I’ve experienced the Singaporean work ethic: a very unique mix of old and new, Asian and Western.And I want to know more about it.I do hope our soon-to-come service “RIGHTS” will be widely welcomed and bring the true values for our society as the true meaning we’re working for.

 

■日本語訳

皆さまにご挨拶申し上げます。
第3回「シャイボイ」(従業員のブログ)は、グローバルアライアンス-PR担当・タオが担当します。#1#2のメンバーに続き、#3は、自身の簡単なキャリアストーリーと将来のビジョンについてお話したいと思います。

私は、TRIDENT-ARTS入社前のベトナムの米国のゲーム会社で勤務経験を通じて、ITの持つ可能性の無限性・世界をより良く変えるその革新パワーに完全に魅了されました。その後TRIDENT-ARTSに入社。現在、IT業界に関する知識を自身であるいは周りのメンバーから学びながら、TRIDENT-ARTS主要事業である『RIGHTS』( https://rights-dapp.io/ )のGlobal Allianceに従事。メンバーの効率的かつ部門を超えたクロスボーダーワ―ク、クロスコラボレーションの実現のためのアシスタント業務を行っています。

※『RIGHTS』:ブロックチェーンなどの最先端の技術を用いた革新的かつ新発想のダイレクト&インタラクティブマーケティングDApps(Decentralized Applications)サービスです。 『RIGHTS』なら、いつでも誰でもどこでも簡単に、あなた独自のセルフブランディング&ニュービジネスが可能になります。

最近では、シンガポールのFintech Festival、UCIM(United Internet Conference of Internet Money)、Blockshow 2018などのいくつかのイベントに出展いたしました。

シンガポールを拠点とする企業とのネットワーキングのいくつかのチャンスを通じて、私は古いものと新しいもの、アジアと西洋のユニークなミックスを経験しました。そして、これからもっと知りたいと考えています。間もなくローンチする新サービス『RIGHTS』が皆さまに広く歓迎され、我々の取り組みが社会にとって真の価値となりますように。

シャイボイ(社員のボイス)#2

シャイボイ(社員のボイス)第2回は、プロダクトマネージャーの石川が担当します。

当社が開発するエンタテインメント向けプラットフォーム「Rights」のサービス設計が私のミッションの1つです。特にファーストステップとしてインディーズアイドル業界に注目していて、多くのアイドル運営やファン、イベンターと意見交換をしてきました。

皆さんはインディーズアイドルのライブに行ったことがありますか?
ライブ会場に行くことに少し壁を感じている方も少なくないのではないでしょうか。

私も初めは壁を感じていた1人でしたが、今はすっかりファンの一員です。それは、インディーズアイドルのファン数や会場の規模が比較的小さく、そのためメジャーアイドルよりも身近に感じられることが影響しているのかもしれません。

先日訪れた夢幻クレッシェンド初のワンマンライブでのショット

 

実は、インディーズアイドルの売上のほとんどはライブに出演した際の物販によるものです。ライブチケットを販売しても十分な収益を確保できないケースもあり、収益パターンを増やす必要性が高いという一面があります。 「Rights」が、時間や場所に捉われない新たな活躍の場・収益源を生み出すことができたらと考えています。

以上、アイドルファン駆け出しの石川からでした!

シャイボイ(社員のボイス) #1

シャイボイ(社員のボイス)第1回は、リードデベロッパーの田中が担当します。

2018年7月19日、SmartNews本社で開催されたEthereumの開発者コミュニティ「Hi-Ether」のMeetup(#6 Tokyo)にて登壇(LT)してきました。

タイトルは「DAppsゲームから読み解くCentralizedなDApps」です。
DAppsとは「Decentralised Applications」の略で、日本語では「非中央集権型アプリケーション」と呼ばれていますが、実際はDAppsと呼ばれている殆どのアプリケーションは「中央集権型アプリケーション」となっています。

そこで、DAppsとして有名なCryptokittiesとEtheremonの2つのゲームをその実例として、DAppsであるにもかかわらずどのように「中央集権型アプリケーション」となっているのか、それぞれのシステム構成の分析と考察を皆さんにお話してきました。

内容に興味がある方は是非、こちらの動画をご参照ください。